「富山の白えび」の本文へスキップ

富山の白えび

フリーダイヤル. 0120-134101

〒935-0424 富山県氷見市小杉1-3 氷見 民宿青柳

富山の白えび

(画像:白えび http://www.info-toyama.comより)

白えびは、その名のとおり、白色をしていますが、生きているときは、ほぼ無色透明か薄いピンク色をしています。死ぬと、はじめてあの乳白色になります。

この、生きているときの白えびの透きとおった状態から、富山県では「富山湾の宝石」というキャッチフレーズがつけられ、「富山のさかな」に指定されています。

実際に、「白えびといえば富山」というイメージがあるのではないでしょうか。

ちなみに、「富山のさかな」に指定されているのは3つで、「白えび」「ぶり」「ホタルイカ」です。

この、白えびの呼び方には何種類かありますが、こちら富山県では「しろえび」または「ひらたえび」と呼ぶことが多いと思います。

また、白えびは、よく、「桜えび」との比較対象になったりしますが、深海を好むところや、体つきや、大きさ(白えびのほうが2~3㎝くらい大きい)は確かに似ていると思います。

しかし、生物としての決定的な違いは「産卵方法」で、桜えびが卵を海中に放出するのに対し、白えびは自分の体に卵をくっつけて抱えたまま保護しています。

これにより、白えびと桜えびは、似ているのですが、「えび」の種類の分類が違うみたいです。

白えびは、ふだんは水深100~300メートルくらいの深海に住んでいますが、夜間は水深約50メートルまで上がってくることもあります。

深海を好む白えびは、富山湾だけでなく、日本近海の、わりと水深の深い海(遠州灘、駿河湾、相模湾など)やインド洋、地中海、大西洋にも広く分布していますが、いわゆる「白えび漁」として大々的に漁が行われているのは「富山湾だけ」です。

これには、富山湾の独特の海底地形が関係しています。

まず、富山湾の地形ですが、富山湾の海底は、遠浅ではなく、沖合約10キロくらいで水深1,000メートルに達する部分もあるほどの「ものすごい急坂をくだる深海が存在する」という特殊な地形です。

さらに、神通川、庄川などの大きな河川がいくつもあり、その流れ込む先に「藍瓶(あいがめ)」とよばれる富山湾独特の海底谷をつくっています。

この「あいがめ」こそが白えびの好む生息地なのです。

大きな河川の多い富山は、この「あいがめ」が発達し、白えびが多く繁殖しています。

これにより、白えびに最適な環境でありながら、白えびの漁場が海岸から近く、白えびを水揚げしやすい、理想の漁場となるわけです。

しかし、この富山の白えびは、富山湾全域でたくさんとれるわけではなく、ほとんどがこの「あいがめ」のあたりでしかとれません。

よって、白えび漁を本格的に行っているのは、そうした発達した「あいがめ」がある、新湊や岩瀬といった地域になります。

そして、そんな最高の条件を備えた白えび漁の発展とともに、白えびに携わる人の情熱に支えられつつ、優れた保存技術や加工技術が生まれ、白えびのおいしい料理方法が考えられ、今日の「白えびといえば富山」というブランドが確立していったのです。

「白えびについて」のページにもどる


氷見の民宿 青柳ナビゲーション

氷見の民宿青柳ナビゲーションここまで