「ホタルイカについて|ほたるいかミュージアム」の本文へスキップ

ホタルイカについて|ほたるいかミュージアム

フリーダイヤル. 0120-134101

〒935-0424 富山県氷見市小杉1-3 氷見 民宿青柳

ほたるいかミュージアム

(画像:ほたるいかミュージアム http://www.city.namerikawa.toyama.jp/より)

ほたるいかミュージアムは、ホタルイカのまちである富山県滑川市にある、その名のとおり、ホタルイカをテーマにした施設で、滑川漁港の近くの「道の駅ウェーブパークなめりかわ」と隣接しています。

この、ほたるいかミュージアムは、ホタルイカの生態や深海生物について、いろんなコーナーがありますが、メインのコーナーは、ホタルイカの発光ショーがある「ライブシアター」です。

ホタルイカの旬の時期の中で、3月20日から5月31日までの期間は、水槽のなかに生きた本物のホタルイカを使って、発光の様子を見たり、素手でホタルイカの感触などを体験することができます。

はじめてホタルイカの青白い発光を見る人でしたら、おそらく想像以上の幻想的な光に感動されると思います。

また、生きたホタルイカがいないその他の期間は、竜宮ホタルという、ホタルイカのように青白く発光する発光性プランクトンの発光ショーや、ホタルイカのレプリカと光ファイバーを使った再現ショーなどがおこなわれています。

なお、こうしたホタルイカをテーマにしたり、体験できる施設は、世界にここしかないそうです。

この、ほたるいかミュージアムの営業時間は、

・開館時間は午前9時から、午後5時まで(入館は午後4時半まで)

・休館日は年末年始(12月31日、1月1日)、6月1日~3月19日の毎週火曜日(火曜日が祝日の場合はその翌日)、1月最終月曜日から3日間

となっています。

また入館料は、

・3月20日から5月31日  大人800円、小人400円

・その他の期間 大人600円、小人300円

となります。

この料金が、高いか安いかは、人それぞれだとおもいますが、生態に謎が多いホタルイカを生きたまま取り扱う難しさと手間を考えれば、ある意味、安いのかもしれません。

でも、そうはいっても、家族で入館したりすると、数人分で結構な出費になったりします。

団体(観光バスなど20名以上)ですと、団体割引があるみたいですが、個人でも割引になる方法があります。

それは、

・JAF会員証を提示する
・割引券・クーポンを入手する

ということです。

いくら割引されるかは、変更があったりするので正確ではありませんが、

「JAF会員証」については、お持ちの方でしたら、入館する際に提示されれば1人あたり100円から150円くらい割引になります。券売機でチケットを買わずに、受付で提示します。

「割引券・クーポン」については、ほたるいかミュージアムのホームページで時々だしていたり、その他のルートで入手できたりするので、事前にパソコンなどで、

「ほたるいかミュージアム 割引券」とか「ほたるいかミュージアム クーポン」

などと検索して、見つけたものを印刷するのがいいと思います。

こちらも、券売機でチケットを買う前に、受付に提示してください。

その他にも、隣接している道の駅の「売店」などを利用すれば、割引券がもらえたりすることもあるので、先に聞いてみるのもいいかもしれません。

また、このほたるいかミュージアムと同じ建物のなかに、ホタルイカ料理が味わえる「レストラン光彩」や、海側の展望デッキに「深層水を使った足湯」などがあります。

もっと詳しく知りたい方は、ほたるいかミュージアムのホームページをご覧になれば、道の駅をはじめとして、ほたるいかミュージアムの周辺施設や新着情報について知ることができます。


「ホタルイカについて」のページにもどる


氷見の民宿 青柳ナビゲーション

氷見の民宿青柳ナビゲーションここまで