「ホタルイカについて|ホタルイカの発光」の本文へスキップ

ホタルイカについて|ホタルイカの発光

フリーダイヤル. 0120-134101

〒935-0424 富山県氷見市小杉1-3 氷見 民宿青柳

ホタルイカの発光

(画像:ホタルイカ http://hokuriku.biz/より)

ホタルイカの発光は、真っ暗な海の中で、たくさんのホタルイカの群れが、一面に青白く神秘的な光を出しながらきらめいているイメージがあって、とても幻想的で、富山の春の風物詩でもあります。

この、ホタルイカの発光の原理は、昆虫のホタルなどと同じしくみで発光することがわかっています。

そのしくみとは、ホタルイカに限らず、発光する生物は、すべて「ルシフェリン」という発光物質をもっていて、そこに「ルシフェラーゼ」という酵素が働いて光がつくられ、発光するというものです。

このような光は熱が発生しない光で、「冷光」とよばれています。

ただし、発光物質は生物によってすこしずつ異なるので、ホタルイカの場合は「ワタセニア・ルシフェリン」と名づけられています。

「ワタセニア」とは、ホタルイカ研究の第一人者である渡瀬博士にちなんでつけられた、ホタルイカの学名です。

この、ホタルイカの発光の理由は、主に外敵への威嚇と、外敵からのカモフラージュのためだと考えられています。

ところで、ホタルイカのように発光する生物は他にもいますが、ホタルイカの珍しいところは「3種類の発光」をすることで、これにより特別の扱いをされています。

この3種類とは

  1. 腕発光器
  2. 眼発光器
  3. 皮膚発光器

に 分類されるとされています。

「1.腕発光器」ですが、これは外敵に対する「目くらまし」のための発光器と考えられています。目くらましというと、「スミ」をはくイカがいますが、ホタルイカの場合は一瞬強く光ることで、フラッシュのような残像を残して逃げるのです。

「2.眼発光器」に関しては、他の生物にも「大きな眼球の影を消す」ように光る能力を持つものがいますが、ホタルイカの眼球の発光器はそれにしては小さすぎるので、小さな子供の間だけ使用するのではないか、と言われているが、はっきりした目的はまだ解明されていません。

「3.皮膚発光器」は、数が一番多く、体中いたるところに何百という発光器があります。これがホタルイカの光のほとんどを放っているのですが、本当に真っ暗なときに、辺りを照らすために光るわけではないようです。
この皮膚発光器を使うのは主に「昼間」「月明りの夜」の海中です。
これは、明るい時に海面付近にいると、さらに下からはホタルイカが影になって見つかってしまうため、光を出してまわりに溶け込むのが目的だとされています。
なので、泳ぐときに下になる腹の部分に発光器が集中しており、背中にはほとんどありません。

また、ホタルイカの発光する光の波長には「青」「水色」「緑」の3つがあり、それこそ信号機のように、色の違いを使って仲間どおしで意志の伝達をしているのでは、という説もあります。

いずれにしても、これらはあくまで学説であり、謎だらけのホタルイカの発光ですが、たとえそんなことは知らなくても、あの幻想的な光は一度見たら忘れられない美しいものですね。

ちなみに、ホタルイカのまち・富山県滑川市には「ほたるいかミュージアム」があり、旬の時期には、生きたホタルイカの発光の様子を見たり、ホタルイカに触ったりすることができます。

また、滑川ほたるいか海上観光といって、観光船に乗って、ホタルイカ漁を目の前で見学できる観光があり、大量のホタルイカが発光しながら水揚げされる光景は、その美しさと迫力に圧倒されます。

「ホタルイカについて」のページにもどる



氷見の民宿 青柳ナビゲーション

氷見の民宿青柳ナビゲーションここまで